変化のない日常

アクセスカウンタ

zoom RSS Ubuntu 10.10 インストール

<<   作成日時 : 2010/10/11 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

SSDを購入したのを機にUbuntu 10.10(Desktop 64bit)をインストールした。
※64bitを導入したのはBlenderとLuxrenderで64bitバージョンを使いたかったから。

Vistaとのデュアルブートにしたが、まったく詰まるポイントはなかった。
(最近のLinuxって本当にすごいねぇ。むかしのSlackwareを使っていたころは…)


唯一気になったのはGRUB2の設定。
ネットのの情報を見ると、「menu.lstを編集する」という記載が多いのだが、今回入れたUbuntu10.10ではどうもgrubのデフォルトである、/boot/grub/grub.cfgが設定ファイルとして正しいらしい。

中身をみてみる


XXXX:/boot/grub# cat grub.cfg
#
# DO NOT EDIT THIS FILE
#
# It is automatically generated by grub-mkconfig using templates
# from /etc/grub.d and settings from /etc/default/grub
#

 :
 :



いきなり、「grub-mkconfigで作成されるもんやから、いじるな!」なとある。
・/etc/grub.d
・/etc/default/grub
を見てみたけど、わかりにくいのでいじることにした
といっても、デフォルトの起動をVISTAに変更しただけ。

※以下のデフォルトをメニューのVISTAのメニューエントリー番号に変更するだけ。

### BEGIN /etc/grub.d/00_header ###
if [ -s $prefix/grubenv ]; then
set have_grubenv=true
load_env
fi
set default="0" ←修正前
set default="4" ←修正後

if [ "${prev_saved_entry}" ]; then
set saved_entry="${prev_saved_entry}"
save_env saved_entry
set prev_saved_entry=
save_env prev_saved_entry
set boot_once=true
fi


0,1がUbuntu、2,3がMemtestになっていてVistaが4になっていたため環境に合わせて変更した。
ちなみに、GrubはLinuxのファイルシステムを解釈して上記ファイルを読み込むため、上記設定ファイルを変える範囲ならばMBRへのインストールなどは不要となっている。(liloのように設定後のコマンドが不要になるなんて・・・以下略)

####追記
すいません、あとで気がついたのですが、再起動時に自動的に「/boot/grub/grub.cfg」は書き換えられるようで、結局「/etc/grub.d」と「/etc/default/grub」を修正しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Ubuntu 10.10 インストール 変化のない日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる